上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
つい先日終わったクライミング世界選手権!!
私事が忙しく、予定していた女性選手や、セッターのご紹介ができずにすみません。
皆さんご覧になられましたか?
まだこれから見るぞ!!っという方は見たあとに読んで共感してください!


でわ、さっそくリザルトを

ボルダー 男子                  リード 男子

一位 アダム・オンドラ(チェコ)                一位 アダム・オンドラ(チェコ)
二位 クルーダー・ジェームズ(スロベニア)        二位 ラモン・ジュリアン(スペイン)
三位 ヤン・ホイヤー(ドイツ)                 三位 安間 佐千(日本)   

ボルダー 女子                  リード 女子
 
一位 ワーム・ジュリアン(ドイツ)               一位 キム・ジャイン(韓国)
二位 アレックス・プッチョ(アメリカ)             二位 ミナ・マーコビック(スロベニア)
三位 野口 啓代(日本)                    三位 マグダレナ・ロック(オーストリア)


残念!!
野口選手、安間選手ともに優勝ならず、、。
他にも日本人選手は、堀 創選手がボルダーで6位。小林 由佳選手がリードで7位。

今回の1番の衝撃は何といってもアダム・オンドラの2冠!!!
やるんでわないかと思っていたがまさか本当にやるとわ、、。

しかし、だんとつの優勝ではなかった所が今回の見所。
ボルダーでは、1,2課題目はヤン・ホイヤーが別格の強さを見せつけて、2課題目はアダムが最終トライでランジで取った所をスタティックで取り、実況も思はず”JAN is a machine!!” と言ってしまうほど。
しかし、3課題目から雲行きが怪しくなり、ヤンが時間ギリギリで落とす。
この影響で、4課題目を4トライ以内に完登しないと優勝を逃してしまう状況に。
しかし、ヤンなら落とすでしょ。と始まった4課題目。あれ?核心を越えれそうな雰囲気がない。
そのまままさかの、4トライ以内どころか完登できず!!!
その結果二位どころか三位に。1課題目を見ている時に、4課題目がこんなにも波乱になるとは全く予想できない展開でした。

女子はというと、2課題目でまさかの野口選手がゴールマッチ落ち、。
これにより、ワームとプッチョの一騎打ちに。
最終課題ワームが6トライ以内に完登すれば優勝という状況で、4トライ目でランジを止めるとそのまま完登!!
降りて来てからもまだ信じられない様子でドイツアベック優勝を願いヤンの応援に参加。
惜しくも開催地アベック優勝とまでは行きませんでしたが、今回ドイツは素晴らしかった!!

男子ルートでは、競技開始前に優勝候補の、安間佐千、ヤコブ・シューベルト、アダム・オンドラの三人のインタビューから始まります。
アダムが2冠を達成か。それとも二人がそれを阻止するのか。それを考えただけでワクワクです。
三人の中でまず出てきたのが安間さん。順調に高度を上げ、暫定一位の高度!!
しかも、ゴールまであと数手というなかなか良い位置。
次に出てきたヤコブは安間さんの数手下でフォール。
これで安間さんとアダムの一騎打ち。
続いてアダム。早い登りで順調に高度を上げヤコブのフォールポイント、を難なく超え、安間さんのフォールポイントもまだ少し余力を残しながら超え安間さんの2手ほど上でフォール。
しかし、ここで終わらないのが世界選手権!!
会場がアダム優勝の雰囲気に包まれる中。登場したのが今期あまり調子の上がらなかったラモン・ジュリアン。
彼の不利な点は何といっても身長が低い。正確にはわかりませんが160前半。しかし、無限の持久力を持っていると言われている方です。今回は本当にその無限の持久力を見せてくれました。

まず、ラモンの身長じゃ厳しいでしょ。と、思うところを足を切ったり、パツパツになりながら超えていくと、皆が嫌がっていたアンダーに降りながらよせる所を難なくこなすと、まさかのそのままレスト!!!
そして、アダムとは逆にゆっくりレストをしながら高度を上げ徐々に期待が高まって来た所で、アダムが必死に取った所を足が切れながらもとって、まだいけそうな雰囲気!!まさか!!!!と思った瞬間高くあげたヒールが滑ってフォール。
素晴らしい登りだったが一歩及ばずでアダムが優勝!!

女子はというと、素晴らしいくらいキム・ジャインが強い!!!
二位以下は、順位が下がると平行に手順が下がるという僅差の勝負。
しかし、キム・ジャインだけは二位と10手ちかくある差。しかも、完登という素晴しい登り!!
最終クリップをし、最後噛み締める様にゴールをマッチし泣いてしまっている姿はとても感動しました。

今回、日本人選手は男女共に三位でした。
僕たちクライマー1人1人がコンペを見たり、出たり盛り上げれば、選手の力になり再来年は日本人初優勝も夢ではないはずです!!
スポンサーサイト
09/18|未分類||トラックバック(0)TOP↑
みなさん、ご無沙汰してしまい申し訳ありません。


9月も気づけば、半分以上終わってしまいまして、
急いで報告しなければならないことがひとつあります。


11月で2周年を迎えるぴなくる2

今年もやります!!

ホールド替え&


記念コンペティション!! 


日付は、11月23日(日)を予定しておりますが、
詳細が決まり次第、追って報告していきたいと思います。

今年もたくさんのご参加をお待ちしております♪



デニー
09/18|未分類||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ぴなくる2

Author:ぴなくる2
旧ぴなくるの長年のご愛顧ありがとうございました。
豊田IC近くに場所を変えて ぴなくる2 として生まれ変わりました!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。